団 長 挨 拶
川口マイスター児童合唱団に入団を希望してくださりありがとうございます。
マイスター合唱団は設立が平成18年6月11日。本当に生まれたての合唱団です。

「マイスターとはきらめきの事」

ドイツ語で「神業を持つ技術職人」の事を「マイスター」とよびます。
その人のもつ最高の力がひきだせた時、「マイスター」の称号を手にするのです。
つまり、どんな人でも「マイスター」になれる可能性があります。
子供たち一人ひとりの中にある無限の可能性。これを引き出せた時、子供は最高に輝きます。その可能性を「きらめき」と呼びます。
「子供のきらめき引き出す」これがマイスター合唱団の目的です。



「合唱団の方向性と指導方針」

さまざまな合唱団の中でも児童合唱は子供の時にしか出来ない特別なもの。またこの時期に良質の音楽と出会うことはその子にとって一生の宝物になります。音感やリズム感は自然と身につき音がとれない子でも半年もすれば驚くほど歌が上手になります。

歌は好きなのに音楽は苦手と言う子がいます。たいていの子供は発声練習、腹筋運動、正しい姿勢、楽譜読みの段階で挫折してしまいます。
基礎の訓練はとても大事な事であり、一流を目指し厳しい訓練を続ける合唱団は沢山あります。

数多くの合唱団を見学し、運営や指導にも携わって感じたことは「音楽はまず楽しくなくてはいけない」ということです。

子供が「楽しい」と感じたとき興味の門は開かれどんな難しい事でもどんどん吸収していきます。意欲が出た子は飛躍的にステップアップしてゆきます。

マイスター合唱団の練習は歌に振り付けなどを取り入れ園児から児童まで楽しみながら取り組むことが出来るプログラムです。
子供は子供らしく、その子はその子らしく。楽しく歌える環境を作ってあげたい。
歌の苦手な子は踊るだけでもいい。恥ずかしいなら見ているだけでもいい。決して叱らずあせらず、ゆっくりとその子のペースで「きらめき」を引き出していきます。

大人からの指導だけではなく上級生が下級生の手本となり一緒に練習する。また、ボランティア活動をしながら「何のために歌うのか」を一緒に考えていきたいと思っています。

今後は市のイベントや各種施設の慰問に積極的に取り組んでいく予定です。
子供達のキラキラした笑顔と可愛い歌声で、たくさんの人を元気にしたい。笑顔にしたい。マイスター児童合唱団のモットーは「きらめく心、届けよう」です。

大事なお子様の成長のお手伝いになれば幸いですがスタッフ一同不慣れな分、何かとご迷惑をおかけすることもあると思います。

一日も早く皆様のご期待にこたえられる合唱団を作ってまいります。
どうか末永くお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。


                平成18年8月20日
                                   川口マイスター児童合唱団 団長 中川恵太






Copyright(c) 2006 KAWAGUCHI MEISTER Jr.CHORUS All Rights Reserved.

inserted by FC2 system